• トップ > トップ記事 > 2018年 > 7月

 逃げる一手! ウォーターディル!!

 以前まで名古屋に在籍していたクルセイズスピリツが大井競馬場で行われた優駿スプリント(6/26・1200m)で重賞初勝利を挙げた。単勝4,780円、3連単1,389,700円と大波乱を演出した一戦は南関移籍後2戦目でのこと。中央場所でもハナを叩く快速馬だけに、南関でもそのスピードは十分通用するだろうと思っていたが、名古屋でも届かなかった重賞制覇をまさかレベルの高い大井で達成するとは思いもしなかった。大井の長い長い直線を迎えたときは力が入ったし、しのぎ切ったときは本当に興奮した。こうなってくると夢はさらに大きな舞台へと続いていくし、願わくばそこで名古屋所属馬たちとの再会ができればなお嬉しいこと。まだまだ成長が見込める3歳馬。これからの活躍が楽しみだ。

 

 本日のメインは「ルビーオープン」(11R,16:15、くろゆり賞トライアル)。狙うのは⑥ウォーターディル(写真)の逃げ切り勝ち。以前までなら内に入った③ホウライマリーンの存在が厄介で、ハナを叩けなければ評価を落とすところなのだが、このところの③のレースぶりを見る限りハナに固執することはなさそう(これでハナを主張されたら本当に相性が悪い)。大外の⑦アイファーヴリルもハナに固執する馬ではなく、⑥の単騎逃げが濃厚とみていいだろう。2組で行われた前走も決して弱い相手ではなく、自身のレースができればオープン初勝利も十分に狙える器。(3.3.1.0)と得意の季節でもあり、一気の逃げ切りを期待したい。 ⑥⇒⑦①④③

(石井学)