• トップ > トップ記事 > 2018年 > 6月

そろそろ… アスターオーシャンの激走に期待!

 第7回名古屋けいば「AGI名古屋城カップシリーズ」初日。さあ、今開催も頑張ってまいりましょう。と、言いながら気持ちはすでに今夜行われるサッカーロシアW杯、日本対コロンビア戦に。開幕直前のドタバタ劇や強化試合の乏しい内容から戦前の予想はかなり厳しいものとなっているが、それでも勝てる可能性はゼロではない(はず)。勝利を信じて応援するのみです。というか、応援しながら飲むビールがまた美味いんだよなぁ。その味をさらに格別のものにするためには本日の競馬の結果はどうしたって大事なものになる。絶対に負けられない戦いはここにもあるんです。

 

 本日のメインは「パキラ特別」(10R,16:10、A-3特別)。しつこく①アスターオーシャン(写真)を狙いたい。少頭数のマイル戦で行われた前走はいかにも馬場に泣かされた。馬体ももうひと絞りあっていいとは思うが、決して状態が悪いわけではなく、きっかけひとつで浮上のチャンスは十分あると思っている。展開的には単騎逃げが見込めそうな③マスターリデルに、⑥ノボリフジや⑦インストアイベントがどの程度プレッシャーをかけにいくかがカギ。さらに折り合いを欠いた⑤アタックガールが暴走してレースをかき乱す…なんていうオプションがつくと最高なのだが、それでも前開催のような極端な馬場にならない限り、力関係を思うと前へ行った馬だけで簡単に決するとは思えない。すべては馬場の回復次第ともいえるが、期待するのは直線での差し馬の大逆転劇、それを狙って無難にいくなら②や⑩がおすすめ。少しでも妙味を、と思われる方は①からの勝負をおすすめしたい。 ①⇒②⑩③⑦

(石井学)