• トップ > トップ記事 > 2018年 > 6月

直線勝負! オンワードハドソンに一発を期待!!

 競馬に絶対はないと思い知らされた今年の東海ダービー。断然人気に推されたサムライドライブが直線交わされたシーンは今でも信じられないが、これも競馬ということだろう。勝ったビップレイジングは見事な競馬。鞍上の藤原幹騎手も会心の騎乗だったのではないだろうか。2010年のエレーヌ以来の笠松馬からのダービー馬。これはこれでドラマがあっていい。陣営のみなさま本当におめでとうございます。

 3日(日)に盛岡競馬場で行われた「2018地方競馬ジョッキーズチャンピオンシップ」第1ステージに、愛知から岡部誠騎手、笠松から佐藤友則騎手が出場。期待していたものとはほど遠い結果に終わったが、ともに第2ステージ(7/18・浦和)出場の切符は獲得。出場できる以上ノーチャンスではない。こちらも東海の誇る名手二人によるドラマチックな結末に期待したい。 

 

 本日のメインは「しゃくなげ特別」(11R,16:15、A-2特別)。快速馬⑤ホウライマリーン相手に無理に競りかけにいく馬はいないだろうが、番手争いは激しくなりそう。①⑥⑦⑨⑩⑪あたりはその候補で、レースは消耗戦になりそうな予感。となると、後方から差してこれる馬に一発の期待をかけたくなる。②オンワードハドソン(写真)でどうだ。得意の1800m戦だった前走こそ不満が残るが、気温の上昇とともにいい頃の走りを取り戻してきていることは確か。中団から脚をためて直線弾けた2走前が理想の形。人気的にも妙味は十分で、気楽な立場で一発決めてもらいたい。 ②⇒⑦⑥⑧⑩

 

 

 

 

【お知らせ】 しばらく休業しておりました「競馬場内専門紙売場」は今開催から販売を再開しております。たくさんのご利用お待ちしております。

(石井学)