2018/4/19 - 競馬エース
  • トップ > トップ記事 > 2018年 > 4月

 稼働期へ! アスターオーシャン!!

 目がかゆくて鼻水が止まらない。初夏のイネ科のみから、いよいよこの時期の花粉症デビューをはたした記者。症状のひどい人に比べればまだまだ全然軽いほうだが、「目や鼻を取り外して丸洗いしたい」気持ちは十分理解できる。寒い冬は嫌いだし、暑い夏も嫌い。そしてかゆい春も加わったとなると、石井の稼働期はもう秋しか…。最近秋も短くなってきているし、困った困った。

 

 本日のメインは「アネモネ特別」(11R,16:10、A-3c特別)。連勝を続ける⑥テイエムアニマンテはやはりここでも注目。が、今回は快速馬③クルセイズスピリツの存在がカギで、純粋なスピード勝負なら中央でもハナを叩ける③に分がありそう。また、③は今回控える競馬を匂わせているものの⑥より内に入ったことで結局のところハナを叩いているのではないだろうか。さらにこの争いに笠松⑧ハドウホウあたりも絡んでくれば、さてどうなる? もちろん、今までの勝ちっぷりからしてそれでも中心視するのが妥当なのだろうが、今回はあえて差してこれる馬をチョイスしたい。狙うのは②アスターオーシャン(写真)。記者とは違い、稼働期はこの時期。実際暖かくなってきたら狙いたいと企んでいた馬で、3か月ぶりだった前走を叩かれデキは思惑通りに上昇気配。どちらかというと距離は長くていいタイプだが、暖かくなり硬さが抜けてくれば多少なりともそこらへんの融通は利いてもいいだろう。⑥が強ければそれはもうごめんなさいだが、なんとか前から離されずに中団あたりにつけられれば、まったくのノーチャンスではないはずだ。 ②⇒⑥⑧⑩③

(石井学)