• トップ > トップ記事 > 2018年 > 3月

 きっちり巻き返す! アセイラント!!

 サウスヴィグラスが3月4日に亡くなった。訃報を知って悲しまれたファンの方は多かったことだろう。かくいう記者もその中の一人で、短距離ダート界を席巻した走りは今も鮮明に記憶に残っている。また、名古屋けいばでサウスヴィグラスといえば、2002年のかきつばた記念。走破タイム1分23秒9はおそらく一生塗り替えられることのないであろう完全無欠のスーパーレコードだ。種牡馬になってからも、あのラブミーチャンやコーリンベリー、昨年度の年度代表馬ヒガシウィルウィンなどを次々と輩出し、現役時代と同様にダート界で抜群の存在感を誇っている。地方競馬リーディングサイアーにも何度も輝いており、地方競馬ファンにとっても非常に身近な存在だったといえるだろう。我々世代は現役時代、そして若い世代には種牡馬として愛されてきたサウスヴィグラス。記憶にも記録にも残る活躍をした同馬はいつまでも皆の心の中で生き続けるであろう数少ない一頭だ。長い間ご苦労さまでした。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 本日のメインは「里桜特別」(11R,16:05、A-2特別)。連勝が「10」で止まった⑩アセイラント(写真)の巻き返しに当然期待。前走は発馬後に大きく躓いたものの、そこから挽回して2着を確保。結果的には逆に評価を上げる形となった。順調に使えることが何よりだし、追い切りの動きもスムーズなもの。仕切り直しの一戦はきっちり仕留めたい。 ⑩⇒⑥⑨②④ 

(石井学)