• トップ > トップ記事 > 2018年 > 3月

 前開催、今年初めて行われた500万交流戦は地元ベルボームが1着。2014年7月のポールシッター以来、約3年7か月ぶりの地元勢による勝利となった。

 このおめでたいレースをベルボーム◎で見事に的中することができた。思えばポールシッターの一つ前・ワイメアウェーブ優勝の時も◎を打って万馬券を的中したし結構相性が良いかも!? ただ、誤算はオッズが予想をはるかに下回る低さだったこと。僕の予想では馬連で50倍はつくかなと思っていたのが11.2倍。先週、紙面「うまやのニオイ」のコーナーでうまや雀先輩が面白おかしくいじってくれていたが…。もちろん錦三へは繰り出せておりません(笑)

 

 というわけで、今日(3/7)のメインは500万交流の「春蘭特別」でもう一儲けを企んでおります。1,800メートル。第11R。発走16時15分。

 

 勢いに乗って再び地元といきたいところだが、ここは中央馬の⑥クリノピョートルが強い。前走・京都500万で3着に逃げ粘ったのが示すとおり、中央主場でもやれる実力馬。しかも、その前走で先着を許した2頭、勝ち馬アンナペレンナは次走の1000万で即馬券に絡んだし、2着タガノジーニアスも次走・小倉500万で2着に5馬身差をつけ圧勝していて、それらと小差ならレースレベルの面からも疑いようがない。

馬単⑥→⑤②⑨ 1,500円×3点

46,260/69,200=回収率66.85%(2018年・前開催終了時点)

 (井本秀一)