• トップ > トップ記事 > 2018年 > 2月

 本日(2/9)、2017年岐阜県地方競馬組合の優秀成績者の表彰が行われる。3歳最優秀馬としてアペリラルビー、騎手では佐藤友則騎手と向山牧騎手、調教師では加藤幸保調教師、川嶋弘吉調教師、後藤正義調教師、そしてきゅう務員では大橋憲雄きゅう務員が表彰される。4レース終了後、ウイナーズサークルに皆様お集まりください。(なお、雨天の場合は第1会議室に変更となります。)

 

 さて、最終日のメインは1,400mで行われるC1組特別(イ)の「寒椿特別」。第10R。発走16時40分。10頭全てが「前走1着」といつもの1組どおり好調メンバーがそろったが、中でも認定馬カサマツブライト(写真)と中央復帰目前ソルオリーヴァが素質上位。本命は月1のローテーションに好感が持てる前者に入れたが、いずれにせよ2頭を中心に馬券を組み立てるのが的中への近道となりそうだ。

三連単2頭軸マルチ①⑨→⑥⑩⑤ (200円×18点)

16,650/39,000=回収率42.69%(2018年・前開催終了時点)

 

 

 来週は名古屋けいば開催「梅見月杯SPⅠシリーズ」が13日(火)~16日(金)の連続4日間で行われます。シリーズメインのSPⅠ「梅見月杯」は最終日の16日(金)で、このレースには名古屋記念で悲願の重賞初制覇を果たしたサンデンバロン、昨年宮下瞳騎手に復帰後初めての重賞勝利をプレゼントしたポルタディソーニも登録しています。次週もどうぞお楽しみに。

(井本秀一)