• トップ > トップ記事 > 2018年 > 2月

 今回狙い目! キタノシャーロット!!

 今回ばかりはさすがに無理かと思われた先週の笠松けいば。23日(火)の大井けいばが中止になったこともあり、24・25日の朝はいつ競馬場から中止の一報がくるかビクビク、本当に生きた心地がしなかった。無事に開催が行われ安堵したのはもちろんのこと、25日は想像以上に整備された綺麗な馬場を見てさらにビックリ。夜通し頑張られた競馬場の方々には頭が下がる思いでいっぱいだし、名古屋でも導入した笠松自慢の水はけの良い白い砂、これも大きかったようだ。実際に乗っているジョッキーからの評判もよく、これでさらに自慢の代物に。馬場改良を検討している競馬場があれば、ぜひとも導入されてみては??

 

 さて、本日のメインは「ねこやなぎ特別」(10R,16:05、A-2特別)。前走のリョーシンヒナタ、ブランニューは予定通りの堅実駆け。個人的にほぼ完璧な予想だったのだが、それにしてもマヤノブリリアント→リョーシンヒナタ→ブランニューの3頭で4,240円はちょっとオイシすぎるでしょ。そして当然馬券も…と言いたいところだが、タイミング悪く仕事で立て込んでしまい馬券は買えずじまい(前もって買っておくということはしたくない人なのです)。こーゆーもんですよね、馬券なんて…。ということで、今回も②リョーシンヒナタ⑥ブランニューはどうせきっちり馬券になってくれるはず。馬券は②⑥の2頭軸でほぼ的中と見ている。が、揃って勝ち切れないタイプだけに、◎はあえて単を狙える馬に進呈したい。狙うのは④キタノシャーロット(写真)。前走は勝ち馬の出脚に劣り控える形になったが、それでもラストは渋太く脚を伸ばしてきていたし、着差も展開ひとつでどうにでもなるもの。今は成績以上に走りがいい印象だ。①ハナノパレードとの先手争いを制すれば単の可能性は十分に。逆に①が久しぶりにハナを叩くようだと少々厄介。④は指定席(4着)に落ち着き、穴として①が一気に浮上してくる予感さえしてくる。その保険として④を見切った①②⑥のボックス馬券も少しだけ握っておきたい。 ④⇒②⑥⑤①

(石井学)