• トップ > トップ記事 > 2018年 > 1月

 キトキト取消で一気に混戦模様に!

 新春ペガサスカップシリーズ最終日。久しぶりの5日間開催はやっぱり疲れますねぇ。加えて今開催から能力比較の難しい金沢馬が参戦していることもあって、難解なレースが多いのなんの。名古屋けいばにしては珍しく?高配当が多くみられるのはそうゆうことでしょう。まだまだ厳しい戦いが続きそうですが、とりあえず今開催を気分よく締めたいものですね。

 

 さて、本日のメイン「ガーネットオープン」(10R,16:05)には③カツゲキキトキト(写真)が登場。今年初戦に定めていた名古屋記念を怪我で回避と聞いたときは肝を冷やしたが、幸い軽い程度だったようでひと安心。回復に時間は掛からなかったようだし、デキもそこまで悪くなさそう。2月の佐賀記念へ向け、まずは好発進といってくれるだろう。相手候補は距離が合いそうな⑦マイネルカリスト、①マイネルリボーン、⑥ヴェリイブライトが適任。穴で狙うなら少しずつ動けてきている⑧エーシンマックスの追い込みか。 ③⇒⑦①⑥⑧

 

 追記、発走前日にキトキト取消の一報が。。。 どの程度のものかはまだわからないが、心配されているファンの方も多いはず。近いうちに弥富雀からの報せがくるはずですのでそれまでお待ちください。そしてレースは一気に混戦模様に。⑦①⑥⑧がそのまま繰り上がる形がベストのようにも思われるが果たして…。

 

 

 

 

 次週は笠松けいば開催。「睦月(SPⅢ)シリーズ」は1月22日(月)~26日(金)の5日間となっております。ゴールドジュニア・SPⅢは4日目の25日(木)の発走。どうぞお楽しみに!

 名古屋けいば次開催は1月29日(月)~2月2日(金)の5日間!「梅桜賞(SPⅡ)シリーズ」と銘打ち行われ、2日目の30日(火)に梅桜賞・SPⅡの発走となります。こちらもどうぞお楽しみに!!

(石井学)