• トップ > トップ記事 > 2018年 > 1月

 抜け出す!シンゼンタイガ!!

 先週から今週にかけ、かなり冷え込んだ日本列島。こちら東海地区でも雪マークが見られ、笠松けいばが無事開催できるか不安がよぎったが、とりあえず問題なく行われホッとひと安心。というのも束の間、金沢では例年以上の大雪が…。流通にかなりの影響が出ることが予想されたため現地まで新聞を直接お届けすることも検討したが、結果的には無事新聞が到着し、これまたホッとひと安心。とはいえ、まだまだ寒くてツライ季節は続きます。今後もハラハラしながらの新聞発送を余儀なくされそうだし、遅延や未到着などで各地のお客様や関係各位の皆様にご迷惑をお掛けする事態が発生するかもしれない。その際は何卒ご理解いただければと思うばかりです。

 

 さて、本日のメイン「プリムラ特別」(10R,16:05、A-3a特別)は逃げる⑤メモリートニックvs追う⑩シンゼンタイガの一騎打ちムード。記者はマークして運べる分有利と判断し(本紙と見解がまる被りしてしまった…)、⑩シンゼンタイガ(写真)に◎を進呈。⑩はこちらへ転入後好走続き。ゲートは並だが、スッと前につける脚があるので名古屋コースにいかにもマッチしている印象だ。ここも番手競馬は約束されたようなメンバー構成でレースはしやすいはずだし、今回もまた緩めずしっかり乗り込んでの参戦には好感が持てる。相手は一頭。⑤の逃げ切りはもちろん頭に入れておかなければならないが、⑩が早めに⑤を潰しに行くような競馬をすれば差し馬が台頭する可能性も。⑩が勝つなら差し、追い込み馬の伏兵にも注意、逆に⑤の逃げ切りなら2着は⑩で問題ないだろう。 ⑩⇒⑤④①②

(石井学)