• トップ > トップ記事 > 2018年 > 1月

 期待に応える! マヤブリリアント!!

 早くも最終日を迎えた名古屋けいば新春シリーズ。3日連続で行われた重賞競走の結果はいかがでしたでしょうか? 何?聞くなって?大丈夫ですよ、今年はまだ360日以上あるんですから。いくらでも取り返せます。

 とまぁ、そんなことは置いといて、今年も天候に恵まれた正月開催。たくさんのお客様のご来場を目の当たりにでき、賑わう競馬場を見られたのは本当に嬉しい限り。きっとイベント等で楽しまれた方も多かったのではないでしょうか。今回、初めて競馬場に来たという方もいらっしゃったと思うが、競馬場って楽しいでしょう?またいつでも遊びにきてくださいね。競馬場はいつでもあなたを待っています。

 

 さて、本日のメインは「門松特別」(11R,15:50、A-2特別)⑦マヤブリリアント(写真)は当地16戦13勝。連勝が途切れたことや取り消しなどで人気を落としかけたが、きっちり軌道修正してきた(個人的にもいい思いをさせてもらいました)。事実、敗れた3戦はサファイアオープン(3着)と中央交流の2戦(7、8着)だけであり、地元馬同士の自己条件ならいまだ負けなしということになる。展開不問のタイプで依然好調をキープ。ここも当然主役を張れる存在だ。穴で狙いたいのが、久しぶりに登場⑤ピースフルリバティ。前走が思いのほかいい伸び脚。叩いた効果で激走があっても不思議ないし、この手のタイプは人気薄の時こそ注意を払っておくべきなので。 ⑦⇒⑧⑤⑪⑩

(石井学)