• トップ > トップ記事 > 2017年 > 12月

 今年も大変お世話になりました 来年もどうぞよろしく―

 本日のメインは「もみの木特別」(11R,15:45、A-2特別)。2017年の名古屋けいばを締めくくるには寂しい頭数となってしまったが、レース自体は難解で単候補は3頭。③ヴェリテはこの一年オープン界をにぎわせてきた実力馬。が、④の存在がいかにも厄介だし、控えて結果を出しているとはいえ58キロもやや不安材料に映る。④ホウライマリーンはここでもハナが濃厚。最後まで走り切った前走は評価できるが、今回は1ハロン延長のマイル戦。このあたりがどうかだろう。⑥ピンクドッグウッドは実績ではピカイチの存在。が、5月以来の実戦になるし、今回が初の古馬相手。地力に期待するのも手だが、それほど簡単ではない気がする。どの馬も一長一短、信頼はそれなりに置けるが勝てるかと言われると強気にはいきにくい現状。記者は前走期待に応えてくれた④ホウライマリーン(写真)の逃げ切りに再度期待することにしたが、はたして―。 ④⇒③⑥⑤①

 

 

 

 2017年の名古屋けいばも本日が最終日。今年もたくさんのご愛顧ありがとうございました。来年の名古屋けいばは例年どおり元日からの開催となり、「新春シリーズ」は2018年1月1日~4日の4日間。初日の元日には「湾岸ニュースターカップ・SPⅡ」が、2日には弊社協賛「新春盃・SPⅡ」が、そして3日に「名古屋記念・SPⅠ」と重賞ラッシュとなる開催。来年も名古屋けいばならびに競馬エースをよろしくお願い申し上げます。

 

 とはいうものの、まだまだ年末にはこちらも恒例、笠松けいば開催が控えております。今年は28日(木)にJRA開催が組まれていることもあり、26日(火)・27日(水)・29日(金)・30日(土)・31日(日)の5日間開催となっております。「ライデンリーダー記念・SPⅠ」は30日、大晦日には「東海ゴールドカップ・SPⅠ」が発走を迎え、いよいよ2017年の締めくくりとなります。年末年始は東海公営けいばをお楽しみください!

(石井学)