• トップ > トップ記事 > 2017年 > 12月

 悲願達成へ! カツゲキキトキトが迎える大一番!!

 いよいよ「名古屋グランプリ・JpnⅡ」(11R,15:45)の発走である。大注目の⑤カツゲキキトキト(写真)はさらに調子を上げてきているようで悲願達成へ向け万全のデキ。第1回ミツアキサイレンス(笠松)以来の地方馬戴冠を大いに期待しようではないか。気になるのはやはり中央馬。①メイショウスミトモは唯一の補欠繰り上がり馬。レース間隔こそ短いが、チャンピオンズカップ(旧ジャパンカップダート)からの参戦馬がよく馬券絡みするのが名古屋グランプリであり、そのチャンピオンズカップも14着とはいえ勝ち馬からは0秒9差と着順ほど負けていない。記者個人としてはかなり不気味な一頭が繰り上がってきてしまったという印象だ。③クリノスターオーは重賞3勝馬だがなぜか地方では勝てていない。しぶとく粘った白山大賞典(3着)のように本来の先行策がとれればチャンスはあるだろうが、その時の2着馬は…キトキトだ。⑪オールブラッシュは昨年川崎記念を制したまでは良かったが、続く名古屋大賞典で5着に敗れてからはパッとしない内容が続いている。その大賞典ではキトキトに1秒9差つけられているし、当時とは1キロ軽い58キロとはいえどこまで差を詰めてこられるか。とまぁ、中央馬が怖い怖いといってもキトキトへの信頼は揺るがないもの。というか、そうゆう方向に持っていってしまっているんですが(笑) 仮に相手十分の競馬になっても今のキトキトなら…。精一杯の応援よろしくお願いいたします! ⑤⇒①③⑪②

 

(石井学)