• トップ > トップ記事 > 2017年 > 11月

  今日(11/8)3日目のメインは中央500万交流の1,400メートル戦 「安房峠特別」(9R)

 いつもの通り、まずは今年のこの鞍の対戦成績を見てみると、9回行われて中央馬[9-8-8-20]に対し、地元馬[0-1-1-35]と一目瞭然の差。今回はリアンヴェリテ(牡3)、ゴーフォワード(セン4)、ソニックセンス(牡3)、ライフリシュナイト(牡4)、モーグリ(牡5)の5頭、この順位付けに専念でいい。

 

 〝交流ハンター〟佐藤友則騎手の①リアンヴェリテに人気が集まるが、中間の攻め内容がいかにも物足りない。500万で楽に先行するスピードはここでは一枚上と見ているし、一貫して中央場所で戦い続けるローテにも好感が持てるのだが…。交流特有の激しい流れになった時の息切れの可能性も感じ、2番手評価。

 ◎は④ゴーフォワード。こちらは中間の追い切りが内容、本数ともに素晴らしく、先月25日には馬なりで上り2ハロンを24秒7-12秒5とまとめるなど久びさながら仕上げが上手くいっているのが伝わってくる。未勝利時を含めてもまだ中央での連対がなく、器という意味での物足りなさはあるが、その分を状態の良さ、プラス岡部騎手の手腕でカバーできないか。最近5回の三連単配当が「5,060円→18,850円→8,040円→3,310円→18,560円」とこの鞍は好配当続き。馬券は◎を軸に手広くいきたい。

三連単④⇔①⑧⑤⑦→①⑧⑤⑦(100円×24点)

(220,280/295,000=回収率74.67%・前開催終了時点)

(井本秀一)