• トップ > トップ記事 > 2017年 > 9月

 今日(9/27)2日目のメインはA3組、B3組混合の1,400m戦 「三番叟(さんばそう)特別」(10R)。前走勝ちの馬こそいないが近走掲示板の好調馬多数、しかも良血転入馬に、名古屋からの出張馬とメンバーの彩りも豊かで本命党から穴党まで楽しめそうなレースとなった。

 

 印は割れたが人気上位は3頭。リーディングの佐藤友則騎手が乗る⑩マユノジャスターは昇級初戦となり今回は1キロ増だが、現在B2特選を3走連続して2着と依然好調モード。「短距離の差し馬」のイメージから1,400mの方が安心感があるし、先行馬が揃っていることからも展開が向く可能性も十分。名古屋⑤キクノテソロはこれまで笠松では[4-1-0-0]とほぼパーフェクトな戦歴。リフレッシュを挟んでの休養明けとなるが、川西毅きゅう舎なら心配もご無用か。⑦レジメンタルは中央500万からの転入で、母に桜花賞馬レジネッタを持つ超良血馬だ。ここ2走の走りは「前を抜かしに行く気持ち」を欠いているように映るので半信半疑な面が大きいが、力を出し切ればあっさりがあって驚けない。

 

 オッズではそんな上位3頭のすぐ下くらいに落ち着きそうな⑥デルマオイチ(写真)。前走と3走前の過去2回このコーナーで取り上げてともに4着…、それでも三度本命に推した。

 直線入り口で「これなら粘り込める!」と思えた前走でも残り100mのところで失速したところを見ると、現状はやはり1,400mの方が良さそうだ。今回、内にコパノサムタイムがいるからそこそこ速い流れは約束できるし、ベストパフォーマンスだった4走前同様に2、3番手から直線で抜け出す競馬をイメージしやすい。僕としても過去2回の負けをここで獲り返させてもらうつもりだ。

単勝⑥デルマオイチ(3,000円)

三連単⑥⇔⑤⑩④→⑤⑩④①(100円×18点)

(186,630/258,400=回収率72.23%)

(井本秀一)