• トップ > トップ記事 > 2017年 > 9月

 ここに向け万全! ブレイヴコールが勝ちに来た!!

  本日のメインは「秋の鞍・SPⅠ」(11R,16:25、3歳オープン・ダービーグランプリ指定競走・全国地方交流)。今年から「3歳秋のチャンピオンシップ2017」の一戦となった秋の鞍。11/19に水沢で行われるダービーグランプリへ向けてより白熱した戦いが見られそうだ。

 

 遠征馬は兵庫から3頭、浦和、金沢からそれぞれ1頭ずつの参戦。格でいえば兵庫ダービー馬②ブレイヴコールになるが、クイーンカップを勝った⑤ハヴアナイスディもやはり強敵だし、浦和の小久保智厩舎の⑨パフュームクラスタは格下でも不気味さ満載。赤岡修騎手とともにやってきた④バンダイクブラウン(金沢)も逃げれば厄介な存在になりそうだ。

 

 対する地元勢は東海ダービー2着馬の⑧サンタンパや中1週で使ってきた①ポルタディソーニ、そして笠松の③アペリラルビーが迎撃態勢に。ただ、⑧は夏負けの影響がまだ残っているようだし、①は前走の走りっぷりからして最内枠は減点。③アペリラルビーも安定した末脚こそ繰り出せるが、差し切りまではイメージできない。

 

 地元勢に不安が残る以上、悔しいが今回も遠征馬から入るのが妥当。②ブレイヴコールの前走はあくまでここに向けての叩き台。初の古馬戦ということもあり気にする必要はないし、思惑どおりにデキも上向き傾向。兵庫ダービーは自らハイペースを作り出して後続を潰す強い内容で、今回も枠や出脚を考えれば普通にハナを切るのはこの馬だろう(玉砕覚悟で地元⑦⑫や金沢④が競ってきたら話は別だが)。また兵庫勢にもっていかれるのは癪だが、相変わらず前が強い今の馬場を味方にこの好機を掴み取っていく気がしてならない。ちなみに、いつも連絡を取り合う西の人から「きっと勝ちますよ、名古屋だし(笑)」と完全に上から目線でコメントをいただいたことも付け加えておこう。 ②=⑨⑤③⑧

  

 

 次回名古屋けいばは再来週の10月3日(火)~6日(金)の4日間開催。「オパールシリーズ」と銘打ち行われます。どうぞお楽しみに!

 

 次週の笠松けいば「飛騨(P)シリーズ」は26日(火)~29日(金)までの4日間。ジュニアクラウン(P)は3日目の28日(木)に発走!こちらもどうぞお楽しみに!!

 

 ※25日(月)は盛岡・船橋ナイター・ばんえい帯広ナイターの場外発売が予定されておりますが、中京、弥富場外は休館日となり発売がありませんのでご注意ください。また、盛岡けいばの第1R発走時刻12:30にあわせて、各場外それぞれ12時開門となっております。こちらもどうぞお間違えのないようお気を付けください。

(石井学)