• トップ > トップ記事 > 2017年 > 8月

 本日(8/30)2日目のメインは1,400mで行われるA3組・中央500万下の「JRA交流 数河高原特別」(9R)。中央からはサンレイフレンチ(牝6)、ロワゾブルー(牡4)、エテ(牝4)、ミディ(牝4)、メイショウヤエヤマ(牡3)の5頭。いつも通りこれらの順番付けが的中への近道となりそうだ。

 

 「中央交流の鬼」佐藤友則騎手が騎乗する⑧エテ、今年度から解禁となった減量を生かして上位を狙う☆(1キロ減)荻野極騎手③ミディ、▲(3キロ減)富田暁騎手⑤サンレイフレンチ、3歳馬の休み明けは未知の分、逆に楽しみ大きい④メイショウヤエヤマとどれも魅力的に映るが、残るもう一頭の中央馬⑥ロワゾブルーに本命を打った。

 阪神新馬2着→未勝利1着で500万でも1番人気に支持された言うならばエリートで、素質はこのクラスでは一枚も二枚も抜けた馬だ。今回は「1年8か月ぶり」の実戦というのが鍵になるが、先日の「くろゆり賞」で休養明けのカツゲキキトキト(2着)を無印にして反省したばかり。23日には速いタイムも出せているし、これだけ動いていれば格好は付けてくれるだろう。

三連単⑥⇔⑧③④→⑧③④⑤(300円×18点)

(118,080/209,600=回収率56.34%)

(井本秀一)