• トップ > トップ記事 > 2017年 > 8月

 最終日(8/18)のメインはC1組の1,400m戦 「アカシア特別」(10R)。「前走勝ち」の好調馬がそろうクラスだが、今回もいずれ劣らぬ素質馬が集まった。

 なかでも時計面で抜けているのは④トウカイメジャー(写真)。僕もこの馬に本命を打った。中4日で挑んだ2走前の名古屋戦こそ4着に敗れたが、それを除けば3戦全勝。特に3走前の内容は秀逸で、ヒロンスキーと2頭でやり合うような形になり超ハイペースなラップを刻みながらも直線では早めに抜け出し、最後は迫るベレーザフォンテンらを凌いだ競馬は格の違いすら感じさせるものだった。その3走前と比べると相手は手薄に映るし、ここでの首位は揺らがない。ただ、2着以下は7頭全てにチャンスがありそうで非常に難解。前走37.3秒の上りが際立つ⑧ルシーダ、笹野厩舎丼の期待で①メジャーエドワード、②サクラエに絞ったが。

馬単④→⑧①②(2,000円×3点)

(113080/184,800=回収率61.19%・前開催終了時点)

 (井本秀一)

 

 

 次週は8月21日(月)、23日(水)~25日(金)の4日間で名古屋けいば「ラピスラズリシリーズ」です。どうぞお楽しみに。